品質検査
自社開発のチェックツールを活用した独自の検査プロセスにより、高品質な翻訳をご提供・・・
会社概要・コンタクト
1989年の創立以来、お客様と共同で作り上げる姿勢を維持し、最適なコンテンツマネージメントをご提案・・・
多言語翻訳
コムサスでは英語からの多言語展開を推奨します・・・

翻訳のお見積り、トラドス運用、データ資産の活用などのお問合せはこちらからどうぞ・・・
Trados ミニ講座
トラドスをご使用の企業や翻訳者の方々に役立つ、トラドス活用のヒントを紹介・・・

分節の縮小と拡張
タグ文書の翻訳
Trados 6.5のマルチターム
Trados でのエラー

プライバシー ポリシー
株式会社コムサス オンライン プライバシーポリシーステートメント

Trados でのエラー


Wordと連携して Trados を使用しているとき、どなたもエラーを起こした経験をお持ちのことと思います。 代表的なエラーとその解決方法をお教えします。


開いて取得したら、訳文文節に「-{}-」が表示されどうにもできない

TradosはWordのテンプレート機能を使用して、文節をマーク付けして現在開いている文節単位を認識しています。文節を開くと同時に、Tradosの「開く」と「閉じる」のブックマークが挿入され、文節を開いたという情報がクリップボードにコピーされます。これは文節を正しく閉じたときに消去されるようになっているようです。 何らかの誤動作でクリップボードに貼りついた情報が消えずに残ると、次に取得したときにこの情報が「-{}-」の形で表示されます。 これが表示されてしまうと、単位を閉じることもできなくなります。

処理方法

まず、現在開いている原文の文字列をコピーします(原文フィールド内の改行はコピーしないで!!)。トラドスのスタートタグからエンドタグまですべて選択し、コピーした文書を貼り付けます。(原文、訳文フィールドの形を普通の文書のみにする) Wordの「挿入」メニューから「ブックマーク」を選択します。次のブックマークが表示されていたら、選択して「削除」ボタンを押し削除します。

フィールドに表示されたブックマークは、「tw4winUpto」が「開いて取得」用で、「tw4winFrom」が「閉じて登録」用のブックマークです。このフィールドでは複数選択ができませんので、ひとつ選択して「削除」ボタンを押し、次を選択して「削除」ボタンを押してください。2つのマークを削除したら、「OK」をクリックし「ブックマーク」のダイアログを終了させます。 文書を保存し、必要な場合はすべてのアプリケーションを終了させマシンを再起動します。 Tradosで先に問題になった文節を開いて取得してみます。


どこにも文節が開いていないのに、「翻訳単位が開いているので、閉じてから文節を開いてください。」といわれる

これは、翻訳単位を閉じたときに正常にブックマークが消去されなかった場合に起こります。 この場合は、Trados で翻訳単位が本当に開いていないことを確認します。 Wordの「挿入」メニューから「ブックマーク」を選択します。次のように終了のブックマークが残っていると思われます。

選択して「削除」ボタンを押します。「OK」をクリックし「ブックマーク」のダイアログを終了させます。 任意の翻訳単位を開いて取得してみます。


うっかり文節を開いたまま、文書を保存してしまった

何かに気を取られていて、開いたまま文書を保存してしまったり、保存して文書を閉じてしまったことはありませんか? この場合は、「開いて取得したら、訳文文節に「-{}-」が表示されどうにもできない」の処理方法と同じです。開きっぱなしの原文文字列をコピーし(原文フィールド内の改行は含めないで!!)、開いている文節のトラドスのスタートからエンドタグまでを選択し、ペーストします。ブックマークを削除します。文節を改めて開いて取得してみます。


「開いて取得/閉じて登録」の機能を使用すると、1つ前に翻訳した単位が何度も繰り返し開き、新しい翻訳文節を上書きしてしまう

Tradosの「開いて取得/閉じて登録」のロータリ機能を使用した場合に一部のマシンで確認された現象です。 すべてのマシンで起こる現象ではありません。 現在のところ、原因はよく分かっていません。「閉じて登録」と「開いて取得」を連続して行うと起こるようですので、トラドスのテンプレートのバッチが上手に機能しないと考えられます。 この場合、単独の「開いて取得」「閉じて登録」ボタンを使用する以外、対処方法はありません。 新しい翻訳単位が次々同じ文章に書き換えられますので、この現象が出たときには気をつけてください。


或るパラグラフで、開いて取得しようとすると「そこには翻訳単位がありません」といわれて、翻訳単位が開かない

これはパラグラフの最終行に、改行をいれないまま、改ページやセクションの区切りを挿入したために取得できない状態になっています。 次のように対応します。 Wordの改行や改ページ表示を表示させていない場合は、「ツール」メニューから「オプション」を選択し、「表示」タブの「編集記号の表示」フィールドの「すべて」のチェックボックスにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

問題のパラグラフに次のようなセクションの区切りが表示されます。

======================セクション区切り(現在の位置から新しいセクション)====================

これはパラグラフの最終行に、改行をいれないまま、改ページやセクションの区切りを挿入したために取得できない状態になっています。 次のように対応します。 セクションの区切り記号のダブルラインの手前にカーソルを置きます。「Enter」キーを押して改行を挿入します。 翻訳単位を開いて取得してみてください。


特に箇条書き(文頭にブレット(・)や連番で番号が入るもの)の文章などで「開いて取得」できなかったり、Outlookのツールと連動し作業ができない

作業途中でも現在の文書はこれ以上使用しないでください。 次のように対応します。 新規のメモリを作成します。(このメモリはこの修正作業にのみ使用します。完了後削除してもよいです。)作業に使用する原文と訳文の言語を正しく設定し、任意の名前を付けます。 新規メモリの「オプション」メニューから「翻訳メモリオプション」->「ツール」と選択します。ツールのダイアログボックスの「全般オプション」フィールドの「使用されていないスタイルを削除」のチェックボックスをオンにします。「OK」ボタンを押して「翻訳メモリオプション」を閉じます。

Trados の「ツール」メニューから「訳文を生成」を選択します。「追加」ボタンを押し、「訳文を生成するファイル」ダイアログボックスで、翻訳に使用する文書のオリジナル(翻訳作業をする前の原文データ)文書を選択し「開く」ボタンを押します。 右上の「訳文を生成」ボタンを押し、原文文書で生成を行います。生成された文書で翻訳を再度行います。 この操作で重要なのは、翻訳前の文書が必要なことです。通常の作業時に次のことを習慣づけてください。

◆仕事を始める前に、かならず翻訳対象のデータファイルのコピーを作成すること。 作業前の文書を別に保存しておけば、何か問題が起きても立ち戻ることができます。コピーは簡単にできます。エクスプローラでコピーしたいファイルのディレクトリまでたどります。エクスプローラの右のペーンにファイルのディレクトリを表示させ、対象のファイルをマウスで選択し、マウスの右ボタンを押し表示されたプルダウンメニューから「コピー」を選択します。ファイルと同じエリアの空白部分で再度右クリックし、表示されたプルダウンメニューから「貼り付け」を選択します。「コピー ~ XXXXXXXXX.doc」というようにファイルの先頭に「コピー ~」と付いたファイルができあがります。このままでもよいですし、ファイル名をわかりやすい名前に変更してもかまいません。



品質検査 会社概要・コンタクト 多言語翻訳 Tradosミニ講座 プライバシー ポリシー

Copyright ©Comsus Inc. All Rights Reserved.